こはくいろにっき

何をするでもなくつらつらと

今噂のお注射をしてきた話をしよう。

 このページでは新型コロナウイルスワクチン(モデルナ製)に関する話をしていますが、この体験談及び書かれてあることは、あくまで個人が有する知識や体験であり、必ずしも正しい情報とは限りません。あくまでここに書かれていることは一人の人間の体験談であり、「へー、そーなんだー」程度に思っていただければと思います。また、下に厚生労働省などの公的機関が出している情報が掲示されたURLを載せておきます。新型コロナウイルスワクチンについて、正しい情報が知りたい場合、下記のURLから各々のページに行き、知りたい情報を得ることを強くお勧めします。

www.mhlw.go.jp

www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp

www.med.or.jp

covnavi.jp

 

 

 

 ほんのちょっと前の話です。今噂のお注射を打ってきました。打ってきた日は8月7日土曜日。兵庫県がやってる集団接種を利用しました。

打つ前の話

 そもそも私は注射というものが大の苦手です。数年前に急性胃腸炎にかかった時、かかりつけの先生に点滴を勧められたにも拘わらず、内服薬での治療にこだわり、発症から1週間ほど経ってやっと点滴を受けたというほどに嫌いです。刺されたときの痛みもそうなんですけど、何より針を刺されてる自分というものがしんどいのです。助けてほしい。

 それでも私は打つことにしました。理由は普通に感染しても発症する確率がなかり下がること、そして、今ワクチンを打っておくことで今年末にお出かけしやすくなるんじゃないかという単純な予測によるものです。特にお出かけが軸である私みたいなオタクにとって、お出かけがしやすくなるということは非常に大きなことなんじゃないでしょうか。まあなんかワクチン2回打った人も出かけるなとかいうことをほざいた人間がいるらしいですけど。

 さて、この私の行動を縛り付けてきたものを解放するために打つワクチンですが、無論気になるのはテレビメディアによって毎日のように聞かされていい加減飽きてきた副反応です。やはり世界的な流行によって開発が急がれたので、効果が持続する期間など、様々なことがまだわからないままだとされています。私もその副反応に不安がないと言われれば嘘になりますが、リスクより先のようなメリットが上回ると判断したため、接種することにしました。

 

接種当日の話

 接種会場へは車で向かいました。どうせ副作用はそこまで早く来ないだろと思っていたし、そもそも、公共交通機関の密の一員になるのもどうなのかなあと感じたからです。まず初めに、結果をいうと半分正解で半分不正解でした。

  接種会場には道路が混んでいたこともあり開始時間の2分前に到着しました。ギリギリになってしまったので後回しにされるかなと思いましたが全くそういうことはなく、待ち時間もなくすぐに問診が始まりました。待機スペースも結構広く取られていたので、集合時間に早すぎる時間に来ても、結構余裕があったんじゃないかなと思いました。2回目の接種のときはもう少し余裕をもって会場入りしたいですね。

 問診は一人の医師がすべてやるわけではなく、医師に加えて看護師さんや薬剤師さんなどで3回ほど行われました。私はアレルギー性鼻炎を持っていたので内服薬を服用していたのですが、その薬に関しても、しっかりとチェックされます。私はおくすり手帳を持参していたので必要な時に提示しました。(接種直前にいつもお世話になっている薬剤師の方に飲み合わせなど大丈夫かと質問していたので大丈夫だということは把握していました)

 問診が終了した後、接種ブースが混雑していたので少し待機時間を挟みいざ接種へ。接種して下さったのは歯科医師の人でした。接種自体は何事もなく終了し、少しの事務処理を挟んだ後経過観察のために別のスペースへ移動。私の場合は15分でした。待機スペースで貰ったポカリスエットが美味しかったです。

 

接種した後の話。

 会場へは車で来たので帰りはその車で帰ります。当たり前ですね。ただ、その当たり前のことが、少し億劫になりました。原因は副反応です。 

 あまり大きく言う必要のない症状なのだとは思いますが、接種後少しした後から、腕から脇にかけて若干の違和感がありました。その症状でも、いわゆる普通のAT車であるならばさほど問題にはならないのですが、生憎私が乗っている車はMT車。自分の足でクラッチを踏み、そして、若干の痛みが出ている左手でシフトレバーを操作しなくてはならず、少しの違和感でも、運転のし辛さはありました。

 今日はもう運転できねえなと思いならが帰宅しました。その日はそれ以上の症状もなく、終わりました。

 翌日、脇の痛みは消えていましたが、腕を圧迫すると、筋肉の硬さがあるのか痛みがありました。逆に言うとそれ以外の症状はなく、2日目も終わりました。

 3日目になると、若干の筋肉の硬さが残るだけで、痛みもほぼ消えていました。何の支障もなく日常生活を送ることができ、安心しています。

 

まとめ

 これ以降とりあえず何も症状は出なかったので、副反応が出る期間は終わったんじゃないかなと思います。接種当日に痛みやら違和感が出たと言っても、車の運転以外に何も支障がなく生活できていたので、そこまで副反応に関しては過敏になる必要はないのかなあと感じています。

 ただ先のとおり、車で行くのはあまりお勧めはしないかもしれませんね。副反応に個人差がある以上、多少面倒くさくても公共交通機関で行くべきだと思います。私は来る2回目の接種へは電車とバスを使います、はい。

 ということで以上がワクチン接種の体験談でした。