こはくいろにっき

何をするでもなくつらつらと

空の碧さに憧れて。 -Izu Peninsula-

 伊豆半島に行きました、と言っても当時引退間近だったスーパービュー踊り子に、オタク3名と一緒に乗りに行っただけなんですが。

 ついでに伊豆へ行ったのは前にブログでも書いた、北陸旅行の続きですので悪しからず。

1828-38-381-0795-1.hatenablog.com

  読め。

 

Shinjuku Sta.

f:id:Nishikita:20200621200341j:plain

 新宿発のスーパービュー踊り子3号に、ギリギリの時間に乗り、オタク3人とワイワイしながらあらかじめ取ってあった個室へと向かいます。 

f:id:Nishikita:20200621200836j:plain

 いつもの大阪駅で購入したグリーン個室&特急券。寝台券以外で横に長い切符を持つのは初めてです。

  個室天井にあるスピーカーが大変なことになってから列車は動き出しました。

f:id:Nishikita:20200621204817j:plain

 ひたすらに東海道を走り熱海にとまった後、伊東線へ入りついに本格的に伊豆半島に入ります。本当なら海岸線に出た後に真っ青な海を眺めることができるのですが、

f:id:Nishikita:20200621215153j:plain

 なんでこいつらは車窓を撮らずにオタクが持ってきた弁当を撮ってるんだよ。

 

Izukyu-shimoda Sta.

f:id:Nishikita:20200621215820j:plain

 ということでほとんど車内でオタクと喋ってるだけで何ら写真も撮らず伊豆急下田についてしまいました。ホントなんでこいつらはスーパービュー踊り子に乗ったんだ?

f:id:Nishikita:20200621220023j:plain

 引退も近く、尚且つ老若男女問わず人気のある列車なので、伊豆急下田の駅でもギャラリーがいました。果たして電車の隣でピースして写真を撮ってもらってる子供は大人になってこの電車の存在を覚えているのだろうか。

f:id:Nishikita:20200621220247j:plain

f:id:Nishikita:20200621220327j:plain

f:id:Nishikita:20200621220333j:plain

f:id:Nishikita:20200621220338j:plain

 この独特の形をした電車はもういないんだなあ。

 

 この後は伊豆急下田駅の近くにあるマクドナルドで昼食っぽいものを食べた後、オタクムーブをして今度はマリンエクスプレス踊り子に乗車して東京まで帰りました。今度はしっかりと綺麗な時期に観光して温泉入って幸せになって帰ってきたいですね。

 

 今回は少し短いですがこれだけです。

ない雪を追い求めて。-Wakura Onsen-

 ほとんど雪が降らない関西にとって北陸はほぼ確実に雪を拝むことができる、そう考えられがちです。しかし果たしてどうなのでしょうか。我々調査班はこの謎を解明するべく、北陸へと向かった……というのは嘘です。

 特急サンダーバードという、大阪と金沢・和倉温泉を結ぶJR西日本を代表する特急列車があります。大抵の行き先は金沢なのですが、毎日1日だけ、大阪発17号(乗車当時は15号)がIRいしかわ鉄道七尾線を経由して和倉温泉へと足を延ばします。北陸新幹線開業前は、しらさぎはくたかと共に金沢~和倉温泉間の輸送を担っていましたが、その役目の大半を能登かがり火号に渡し、大阪から和倉温泉までの直通の列車はこの1本だけとなってしまいました。

 ……とかまあ要らぬ蘊蓄垂れ流すのはほどほどに、要は"こんな1日1本のレアな列車で、尚且つ車内自動放送が完備されててしかもしかも西村文江"という、乗らない理由はないし寧ろ乗りに行かなければならないという圧倒的な使命感の元、私は2月某日、大阪駅へ降り立ったわけであります。

Osaka Sta.

f:id:Nishikita:20200604115202j:plain

f:id:Nishikita:20200604115213j:plain

f:id:Nishikita:20200604115655j:plain

 楽しみにしていることには、無駄に早起きをして、無駄に早く集合してしまう。そんなことを経験したことが誰しも1回はあると思います。いや、ある、絶対ある。当日私もそんなことをしてしまいました。その結果15号の入線はおろか、前の13号がまだ入線していない時間に大阪駅に着いてしまいました。

 まあ逆にギリギリについてあたふたしながら駅で買い物するよりかはいくらか早めについた方が色々融通は利くので…… 

f:id:Nishikita:20200604155737j:plain 

f:id:Nishikita:20200604155925j:plain

 適当にホームにあった自動販売機から缶コーヒーを購入して飲んでいると13号が入線してきました。サンダーバードの新塗装も、はじめは違和感の塊でしたら慣れてくるとこちらもかっこいいなと思うようになりました。特にこのマーク。すき(語彙力)

f:id:Nishikita:20200604160600j:plain

 乗車予定の15号が入線してきたので自由席に文字通り飛び乗り窓側座席を確保。この季節だし仮に混んでても外国人観光客はすくねえだろと思ってましたが真後ろに4人、白人の男女がいましたね……しかも京都まで乗って降りて行きました……何だったんだ。

 

 

 つかこいつまたコーヒー飲んでるよ。

f:id:Nishikita:20200604161522j:plain

 京都を過ぎて湖西というより湖北という表現が似合いそうになったところでしょうか、唐突に雪が降り出しおさまったころには一面の銀世界となっていました。ここにきて今シーズン初めて雪を見ました。

 

 

 

 

 

 なお近江塩津を過ぎる手前には雪は消え去ってました。なんでや。

 

Wakura-Onsen Sta.

f:id:Nishikita:20200606121910j:plain

 ということで金沢から能登半島方面に入り、和倉温泉駅に着きました。本当ならこのまま温泉に浸かりに行きたいところですが、この時、超巨大カメラバッグと衣類とかを詰めたキャリーケースを持っているため先に七尾駅に戻り荷物を置きます。

f:id:Nishikita:20200606122244j:plain

 折り返しの能登かがり火まで七尾方面の電車がなかったので素直に自由席特急券を追加購入して乗ります。

 

Nanao Sta.

f:id:Nishikita:20200606122443j:plain

 一駅戻って七尾駅、今日は七尾駅周辺にあるビジネスホテルに泊まります。

f:id:Nishikita:20200606122618j:plain

f:id:Nishikita:20200606122622j:plain

f:id:Nishikita:20200606122625j:plain

次ここに来るまでにこの車両は残っているのかどうか

 ホテルにチェックインし、荷物を半分ほど減らした上で温泉に浸かりに行きます。 

 

Wakura Onsen Soyu

 変にかっこつけて英語にしてるので公式の英訳がない時が滅茶苦茶困る。

f:id:Nishikita:20200606123204j:plain

 晴天ならかなり綺麗なのですが、この季節なのでそうは行きません、悲しい。

 

 ということで七尾駅から電車とバスを乗り継ぎ、和倉温泉に行ったらとりあえずここで風呂に入っておくかと前々から思っていた和倉温泉 総湯に着きました。

uimemo.hatenablog.com

 知り合いのオタクも全く同じところに行ってるのでもしよろしければそちらもどうぞ。つか写真と文章力に関しては彼(ウイロー氏)の方が圧倒的に上なのでこれ読んでる人は全員読め。

f:id:Nishikita:20200606123905j:plain

f:id:Nishikita:20200606123923j:plain

f:id:Nishikita:20200606123927j:plain

 和倉温泉の観光案内所も兼ねているらしいこの施設、近代和風建築で明るく、しっかりとした印象の中、あたたかい、落ち着いた雰囲気が漂っていました。というか寒いのでとっととお風呂に入りますよ風呂。

 

 大浴場でくつろぐなんていつぶりだったんでしょうね、普通に家の風呂に浸かっている時と大きい風呂に浸かってる時、リラックスできるのは圧倒的後者です。定期的に行かんとやってられん、りゅうおうのおしごと!の雛鶴あいちゃんの気持ちがよくわかります。

f:id:Nishikita:20200606124834j:plain

 風呂上がり、施設の中にある自動販売機で皆さんは何を飲みますか。牛乳、ミックスジュース、もしかしたら水とかお茶だけでいいという方もいるのかもしれません。しかし、しかしですよ、私は誰に何を言われようと、たとえ悪魔に風呂上がりにミックスジュースか牛乳を飲まないと阪急神戸線の特急を西宮北口通過にするぞと脅されようとも、すっきりおいしい明治コーヒーを飲みます。ええ、私がこの世に生を受けて20年、貫き通しております。

 ということで施設内にある休憩所でコーヒーを飲みながらごろんとくつろいでおります。ダメですね、何時間でも居れますよこれ、マイクラやってる以上に時間が溶けます。幸せすぎる。

 しかし、そんなことをずっとしてたら閉まっちゃうしそもそも七尾のホテルに戻れなくなる、ということで非常に名残惜しいですが支度をして外に出ます。

f:id:Nishikita:20200606130025j:plain

 写真は編集で無理やり明るくしてますが、外は真っ暗でした。あとクソ寒い。なんだこれ、雪が降ってないだけでやっぱ冬の北陸寒えわナメてた。

f:id:Nishikita:20200606130253j:plain

 しかも何も書いてませんでしたが若干雨が降ってたらしいんですよね、そりゃ寒いわ。

 

 

 想像以上の寒さの中、身を震わせながら温泉街を散策しつつバス停へ、まだ暫く来ないようなので近くにあった自動販売機であったかい缶コーヒーを買いつつ(今日で4回目)上手く風をよけれるところを探してバスを待ちました。

 電車で七尾駅に戻りました。丁度折り返しが一日一本の能登中島行きだったので取材したけど車内自動放送はおろか車内放送すらまともにしないという残念っぷりを発揮し、夕飯を近くのファミリーマートで調達しつつ肩を落としホテルに戻ったのでした。

夜雨に輝く光 -Kyoto Arashiyama-

 緊急事態宣言が発令されてから一月以上が経ち、半ば押し付けられるように始まった巣ごもり生活にも慣れてきました。しかしどうでしょう、出かけることが楽しみの95%を占めている私にとって、慣れてきたと同時に出かけたい欲望が日に日に増しています。グラフに表すなら指数関数です。

 つい最近、久しぶりに更新したブログに、動画作るかゲームするかバイトに行くかのどれかでこの自粛期間を過ごしていると書きましたが、最近の1週間を見てみると圧倒的に知り合いとゲームをして過ごす割合が増えてきてどうしたものかと頭を抱えています。ゲームをするのはいいのですが、何が問題かって生活習慣が乱れに乱れることなんですよね。朝9時ぐらいに起きても二度寝をしてしまう、なんていうことが往々にして起きてしまうので、二度寝をしないように努力をしなくてはと常々思っています。

 あ、久しぶりに更新したブログも読んでくださいね。

1828-38-381-0795-1.hatenablog.com

 

 雑談が過ぎました。いい加減本題に入りましょう。

 

 これは毎度毎度言ってるんですが、なぜか私はライトアップという行事に惹かれがちでして、気が付けば”如何に電車を綺麗に撮るか”よりも”如何に綺麗に闇と光の共存を撮れるか”を意識して写真を撮ったり機材を選んだりしてました。結果としてCanon勢からある程度高感度耐性のあるαシリーズに乗り換えたというわけです。まあこのαシリーズ、かなりセンサーにホコリか着くんですけどね。カメラを買って数日後にブロワーを買いました。

 さてさて、私が愛してやまない(?)ライトアップイベントといえば京都花灯路です。実際α7Ⅲを買ったのもこれに間に合わすためだったんですけどね。

f:id:Nishikita:20200521011923j:plain

 やあα7Ⅲくん、君の初仕事だよ。

 

 時は2019年12月22日。冬の気を纏った雨粒を浴びつつ私は嵐山に降り立ちました。慣れないカメラに悪戦苦闘しつつ、どうか人に邪魔にならないようにと肩からカメラをかけた私はホーム屋根の柱にすがるように身を預けました。まだまだ、後のパンデミックを予想させない、いつもの京都嵐山に私は少しため息をついて、写真を撮りながら改札へと足をむけました。

f:id:Nishikita:20200521013123j:plain

 小さい傘で肩を濡らしながら、ああいつか相合傘で肩を濡らしたいもんだと思いつつ渡月橋へ向かう間、小さな灯篭が凍える私たちを暖めようとしているのか、雨に濡れる中、あかく光っていました。シャキシャキという足音が、雨音と共鳴するように鳴っていました。

f:id:Nishikita:20200522130502j:plain

 

f:id:Nishikita:20200522134057j:plain

 小説っぽく書くのしんどくてやめた。

 

 渡月橋を渡ってそのまま写真を何枚か撮りつつ竹の小径へと向かいました。若干遅めの時間に来たはずなんですがそれなりに人がいましたね。外国人観光客も多くいて、ここは日本の形をした何か何だろうと言われてもなんら疑いを持たないほどです。まあいつものことですけど。 

f:id:Nishikita:20200522134753j:plain

 ということで定番とも呼べるであろう撮影スポットに到着。雨に降られながらの撮影で、尚且つ慣れない機材だったということで本当に撮るのに時間がかかりました。まあけど現像下手くそなんで苦労してもそれで帳消しなんですけど。

f:id:Nishikita:20200522135046j:plain

 雨は相変わらず降り続いていました。

f:id:Nishikita:20200522135208j:plain

 竹の小径を出て、嵐電の駅まで戻ってきました。この期間中は嵐電の駅もおめかしをしております。本当はもっとじっくり写真を撮って電車に乗りたかったけども時間もあまりないので発車までに何枚か撮ったのみでした。

f:id:Nishikita:20200522135445j:plain

f:id:Nishikita:20200522135451j:plain

f:id:Nishikita:20200522135458j:plain

 この後大宮から祇園四条へ出て京阪電車に乗って家へ戻りました。この時久々にプレミアムカーに乗ったのですがやっぱりよかったですね(語彙力)500円であのクオリティのものに乗れるのは破格としかいいようがありません。

 

 ではでは。

お前最近何してた?

 オタクとゲームしたりバイトしたり大学の課題を片付けたりしてました。っていうかそれ以外してません。

 

 新型なんちゃらウイルスのせいで碌にお出かけもできないのでおでかけフラストレーションが溜まりに溜まってるわけですが、今はそんな欲求をいつ行くかわからない旅程を組むのに使ってます。あ~あ早くお出かけして新しく買った機材一式で写真とか動画とか撮りに行きたいよ~

 

新しい機材を買った

 さて、半分本題のようなものに入ります。単純な話新しい機材を買いました。なんか知らない間に50万ぐらい消えていきました。あっれこう考えると結構使っちまったな。

SONY α7Ⅲ

  ついにやってしまいましたフルサイズデビュー。本当は大学に入ってからお金が貯まり次第買う予定だったんですけど様々な事情があってこの時期までずれ込んでしまいました。ついでに同時にSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMもご購入して、フルサイズである程度のものを撮れるようにしました。ついでに200mm以上の望遠域ですが今なお購入の目途は立っていません。

SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM

 これは購入時の写真を撮っていませんが買ってました。24-105の域が万能すぎてあまり使うことはありませんが、いつかこのレンズ縛りでどこか行ってみたいですね。ついでに望遠が足りなくて仕方なくAPS-Cモードで撮った写真がこちらです。

検索結果

ウェブ検索結果

  機材は良くなっても腕は下手くその非常にいい例です。やっぱ200-600ほしいなあ。

 

DJI Ronin-SC

  新しい機材はカメラとかレンズだけではなく、ミラーレス用ジンバルも買いました。ついでにこれを買った日が新型なんちゃらウイルスが流行する直前だったので今も家の中で日の目も浴びずに箪笥の中で眠ってます。家の中とかで色々弄ってはいるんですがやっぱり実際に外に出て撮影をしたいですね。下車に限らずに色々PVとかにも手を出して行けたらなあと思う今日この頃です。

 

 この他にも動画撮影目的で買った広域レンズもありますが、その話はこの騒ぎが落ち着いてからにしようかなあと思います。

 

 それでは。

 

 

憧れを胸に抱いて――4th day

 やあ、皆さんお久ぶりですね。正直な話ずっとブログの更新をサボってました。しかもシリーズの途中でですよ、何なのコイツ、有罪でしょ。

 ということでゼビオアリーナ仙台で行われた某仙台公演の翌日のお話です。

Matsushima

 松島や ああ松島や 松島や

f:id:Nishikita:20190810200341j:plain

f:id:Nishikita:20190810200347j:plain

f:id:Nishikita:20190810200354j:plain

f:id:Nishikita:20190810200430j:plain

f:id:Nishikita:20190810200455j:plain

 松島や ああ松島や 松島や

 

 何も中身ねえじゃねえかって、いやだって人生はじめての松島ですよ松島。こういう風景大好き人間にしてみたら語彙力が消え去りますよええ。

 まあなんで松島に行くことになったのかと言うとですね、牛タンラー油を買いに行っただけなんですけどね。仙台駅は売り切れてて松島まで行かないと残っていなかったようで。

 まあなので仙台に居た北海道のオタクと途中まで同行してもらって松島に来たわけです。もう一回行きたいわね。

f:id:Nishikita:20190810201552j:plain

 ということで少々電車が遅れるというハプニングもありましたが仙台駅に戻り、そこから新幹線で東京に戻ります。

 

Sendai Sta.

f:id:Nishikita:20190810201728j:plain

 ということで仙台駅で牛タンを食べてE2系が運用に入っているやまびこ号に乗って東京に戻ったのでした。

f:id:Nishikita:20190810201910j:plain

f:id:Nishikita:20190810201901j:plain

 ついでにトラブルで一時東北新幹線が運転を見合わせて一回白石蔵王で降りてました。

 

 おわり。

憧れを胸に抱いて――3rd day

 


 そういえばAppleが新しいMacProやMacBookProなどを発表して、そして新たな純正ディスプレイを発表したらしいですね。MacPro2019欲しいのですけど60万からってたかない……?ちょっと持っただけでゆうに100万いきそうで怖いんですけど。

 

 ということで仙台旅行3日目です。

Fukushima Sta.

f:id:Nishikita:20190608211855j:plain

 様々な影響があってずっと乗りたかった阿武隈急行線で槻木まで向かいます。なんだかんだでこの鉄道行き先の種類が多いんですよね。中には仙台駅へ直通する運用もあるそうで、ひっじょうに乗りたい。

f:id:Nishikita:20190608212106j:plain

 阿武隈急行線の車両がチラリと見えますね。そういえば新車が入るそうで、ちゃんと営業運転がされればもう一回来たいですね。

f:id:Nishikita:20190608212238j:plain

 ということで電車に乗って槻木まで向かいます。

f:id:Nishikita:20190608212410j:plain

Tsukinoki Sta.

f:id:Nishikita:20190608212504j:plain

 なぜなのかはわかりませんがこの顔を見るとキハを思い出すんですよね。この顔で電車なのか……

f:id:Nishikita:20190608212631j:plain

 ということでついに宮城県入りを果たしました。ここから普通電車に乗り換えて仙台駅に向かいます。

Sendai Sta.

f:id:Nishikita:20190608213207j:plain

 本来の目的である仙台駅に到着。ここだけの話、仙台自体には高2の時に東日本大震災のボランティア活動のために一度来たことがあるんですね。それから早4年ほど経ちやっと単独で仙台入りを果たすことになりました。やったぜ。

f:id:Nishikita:20190608213504j:plain

 相変わらずの仙台駅です。柱が魔剤になってること以外は前来た時と変わってないですね。

f:id:Nishikita:20190608213753j:plain

 さて仙台駅についてしまったが時間がまだ余っている、何しようか。まあ私という人間の趣味をわかってる人なら何をするかわかると思います。

f:id:Nishikita:20190609235704j:plain

f:id:Nishikita:20190609235736j:plain

 初めての仙台上陸、その土地の鉄道に乗らないわけがないんですね。仙台行きたい行きたい症候群でしたから。まああまり時間はないんですけど。

 ともかく仙台市地下鉄南北線を往復した後、私は長町駅に降りました。

Nagamachi Sta.

f:id:Nishikita:20190610000231j:plain

 この時点ですでに高まりオタクになってます。

f:id:Nishikita:20190610000656j:plain

 ということで改札を出てライブ会場であるゼビオアリーナ仙台へ。ついでにこの時点で若干幼年期に戻ってます幼年期のみんな~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!
 

 

 この日はライブで喉を潰して帰りの電車で虚無になって終わりです。ライブ自体の感想はまた神戸公演とまとめて書こうかなあとおもってます。

 

 つづく。

 

憧れを胸に抱いて――2nd day

 ふと時計を見ると朝の3時だったなんて言うことありません? 私の場合大体それが起きるのはオタク邸でものすごくニッチなことに関して喋ってる時に起こるんですけど。うっわもう3時じゃんこれ今から寝たら起きるの昼過ぎになるやつよねガハハ寝れねえwww見たいなことを言いながら結局そのまま起きて出かけてしまうんですよね。はい、今回の東北上陸作戦当日もそれが起きました。その時私は「この日だけで何本缶コーヒーを飲むんだろうなあ」とか考えてました。ということで昨日の続きです。

Kanazawa-bunko Sta.

f:id:Nishikita:20190604233333j:plain

 眠い目をこすりながら金沢文庫駅へ。ホームへ降りた瞬間私は缶コーヒーを買いました。おはようコーヒーです。ただこれで目が覚めるわけがない。

f:id:Nishikita:20190604233519j:plain

 特急品川方面泉岳寺行き。快特のイメージしかない行き先ですけどちゃんと特急にもあるんですよね。正直な話京急の種別行き先の表示の仕方すきです。スタイリッシュでかっこいい。ついでに銀車体すき、スピーカー位置嫌い。

Tokyo Sta.

f:id:Nishikita:20190604234130j:plain

 周りもだいぶ明るくなったころに東京駅に着きました。ついでに時刻は6時半でした。いつもなら布団の中で二度寝をしている頃ですねオフトンニハカテナイ

 ですがそんな時間でもちゃんと公共交通機関は時間通りに動いており、東北新幹線も例外なく新函館北斗やら秋田やら仙台やらに電車を送り出していました。

f:id:Nishikita:20190604234530j:plain

 ということで東北入りを果たすのに乗る車両はE3系つばさです。併結はせずに単独で新庄まで向かう電車みたいですね。ついでにつばさ号に乗るのは数年ぶりですね。あの頃はまだ急行きたぐにが生きてたっけ。

f:id:Nishikita:20190604235109j:plain

 実はミリオン6thライブ仙台公演につばさで向かうのって狙ってやったんですよね。翼ちゃんかわいい。多分同級生にいたら色々勝てなかったし好きになってたと思う。まあけどこのキモ=オタクは相手にしてくれなさそうだけども。かなしいなあ。

 あ、もちろん指定席じゃなくて自由席ですよ。起床事故を起こしてしまったら悲惨ですからね。まあゴールデンウイーク初日でしたので案の定座れませんでしたけど。今度はちゃんと色々調べて新庄まで乗りたいですね。

Fukushima Sta.

f:id:Nishikita:20190604235841j:plain

 私が単独で初となる東北上陸を果たした地は福島でした。なんで仙台まで行かなかったのかというと宿がなかったんですよね仙台に。仙台に宿が取れてたら福島には降りてません。

f:id:Nishikita:20190605000105j:plain

 福島駅の新幹線ホームから降り、改札階に来ました。人はまばらにいる感じかな~結構少ないな~って思ってましたけど、大体の人は待合室にいるんですね・・・四月末でしたし若干寒かったですし当たり前っちゃ当たり前か。

f:id:Nishikita:20190605000506j:plain

f:id:Nishikita:20190605000533j:plain

 飯坂温泉。昨日は風呂に入っていなかったのでこの後入りに行こうかなあと思ってました。なんだかんだで温泉は好きなんですよね、すぐのぼせそうになりますけど。

f:id:Nishikita:20190605000658j:plain

 庭坂行きってなんだよ朝限定のレア行き先か? って思ったんですけど現地のオタク曰く米沢行きより庭坂行きの方が多いらしいですね。庭坂りらちゃんかわいい、今回は巡礼しませんでしたけど。

f:id:Nishikita:20190605001014j:plain

 東京オリンピックの野球とソフトボールの競技って福島県でやるんですね。東京じゃないじゃん。

f:id:Nishikita:20190605001142j:plain

 初めて歩く土地ってどこも苦労するんですよね。やっとこさ福島駅の外に出ましたよ。さては方向音痴だな?

f:id:Nishikita:20190605001417j:plain

 というわけで福島駅に降り立ったなら飯坂線にでも乗りましょう。軽くでもいいから観光しないのは損ですしね。

 っていうか飯坂線と阿武隈急行線って同じホームで乗り換えができるんですね。初見殺しだと思うんですがどうでしょう。

f:id:Nishikita:20190605140849j:plain

 ということで前関西でお会いした仙台のオタクと珍しい桜水行きの電車に乗り込みました。写真の通り人があまり乗ってないんですよね。もちろんのこと飯坂温泉行きには大体座席が7割方埋まるほどの乗客がいるんですけども。

f:id:Nishikita:20190605141153j:plain

Sakuramizu Sta.

f:id:Nishikita:20190605141302j:plain

 気持ちがいいほどの晴天とはこういうことを言うんですかね。東京の時点では雨が降っててオタク邸から金沢文庫まで歩くのちょっとしんどかったんですけども。

f:id:Nishikita:20190605141436j:plain

 この案内板すき。

Iizakaonsen Sta.

f:id:Nishikita:20190605142129j:plain

 福島に宿取ったら一回は行ってみるか~と軽く思ってた飯坂温泉、到着しました。それはそうと温泉街に必ずある川が好きなんですけどわかってくれる人いますかね? 私はあーすきとなって語彙力が幼年期に戻ります。

f:id:Nishikita:20190605142405j:plain

 いやだってコレですよコレ。これが温泉街というものですよ最ッ高

f:id:Nishikita:20190605142849j:plain

f:id:Nishikita:20190605142929j:plain

 ということで飯坂温泉特有の熱いお風呂に短時間でノックアウトしながら飯坂温泉を楽しんできました。今度はちゃんとした旅館に泊まって楽しみたいですね~生憎そんなお金はありませんが。つらい。

f:id:Nishikita:20190605143105j:plain

 飯坂温泉駅に戻ってきました。ここからちょっと沿線で写真を取ってお昼を食べました。唐揚げあり得んジューシーで美味しかった。また食べたい。

f:id:Nishikita:20190605143303j:plain

f:id:Nishikita:20190605143311j:plain

f:id:Nishikita:20190605143325j:plain

f:id:Nishikita:20190605143350j:plain

f:id:Nishikita:20190605143357j:plain

f:id:Nishikita:20190605143403j:plain

 いよいよ明日はこの旅行の最大の目的、仙台へと足を踏み入れます。

 

 つづく